2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アナログvsデジタル】漫画用ソフトからちょっと考えた事

どうも。今日太鼓の達人を10曲ぶっ続けでプレイしてみたカワズです。
うん、右手の疲労がヤヴァイよ・・・
さて、突然ですがカワズは変にアナログな人間であることはご存知でしょうか?

製作物は手彫りのはんこ、絵を描く時も紙とシャーペンが基本です。

そのため、昔描いていた黒歴史の漫画もすべて手作業で、デジタルでの作業は皆無でした。

使えるソフトはwindowsペイントくらい

知り合いに話すと「違う意味で凄い」「時代に取り残された人」と言われます。


少し前の話になるのですが、友人に漫画専用のソフトをいじらせてもらう機会がありました

ソフト名は忘れてしまいましたが、windowsペイントより画面がゴチャゴチャしていましたね(殴


とりあえず、適当にいじってみました。

トーンやセリフ入れも同じ画面で一発、慣れれば凄く便利ですね。

で、その中でとある機能を発見。


集中線が描けるんです。


しかも1本1本引くのではなく、
線の太さ、長さ、密度などを入力すると自動で作成してくれます。

デジタルで描いている方からすれば当たり前とは思いますが、必要最低限の機能しか持っていないwindowsペイントを使っている身からすればカルチャーショック物でした

もしかすると人物さえ描ければ効果線の類がてんで描けなくても問題ないくらいなのでしょうか?


カワズがこのような機能を知って2つ思ったことがあります。

1つ目が、今までの作業時間を大幅に短縮し、より効率的に作業ができるようになったこと

2つ目が、人間がやってきた事を機械が処理してしまうため、人間自体の能力が低下、もしくは能力が低くても大丈夫な時代がやってくるのではないか、という事です。


この2つの事ですが、よくよく考えてみると、現代の機械化された産業界が抱える問題と同じなんですね。

人間の仕事をより正確で高速な機械がとって代わったため、作業時間が大幅に短縮され効率的になりました。

しかし、機械化は昔は職人にしかできなかった事が誰でもできるような時代になり、人間の能力を機械が奪っていく世の中になっています。

もちろん現代でも職人と呼ばれる方々はとても素晴らしい仕事をし、機械ではできないような芸当をやってのけます。

しかし、それは現代技術では機械にできないだけであり、技術が発達すればいずれ機械に奪われてしまうかもしれません。

本来であれば人間がすべき事を機械に任せてしまう。

これは先ほど挙げた集中線がすべてソフト任せで描けてしまう事もこれに当てはまります。


カワズとしては、漫画をデジタルのソフトをフル活用してとても上手く描けたとしても、多少クオリティが落ちつつもアナログで同じように描けない場合、本当の意味で上手く描けるとは言えないと思います。

デジタルにも便利な事はありますが、そればかりを利用してデジタルに依存するのではなく、自分の技術を保ちつつ上手く利用していくのが理想ではないでしょうか。


まさか、漫画用のソフトでここまで考えさせられるとは思っていませんでしたね。

機能が少ない物を使っている人間が多機能な物を目の当たりにしたため、このような事を強く感じたのかもしれませんね。
blogram投票ボタン人気ブログランキングへこのエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
[ 2012/09/10 21:40 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
簡単に漫画が作れるのも考えものですね。
それこそ集中線とか、アシスタントがやるような誰でもいい仕事は機械任せでもいいと思います。
でもやっぱり無機質なんですよね~。機械の線は。人の手で描いたものでないと味がありません。

最近衝撃を受けた漫画で、「にょろーんちゅるやさん」というものがあります。
ちゅるやさんはその大半がフリーハンドで描かれていて、しかし強烈すぎるキャラの個性や単調ながら癖のある「結」コマでファンを魅了しています。
取り方によっては手抜きと言えなくもない作画で、ここまで面白い漫画を書ける技術に感動しました。

つまり何が言いたいかというと、機械も使いようなんですよね。
便利な機能に依存し過ぎるあまり、「漫画を描く」という本来の目的すら機械にのみ込まれてしまうかもしれません。
エンタテイメントすら機械が作るようになったら人間の文明は終わりです。
機械はあくまでアシスタント。そこの分別が出来ないと漫画も味気ないものになってしまいます。
その点で、この先機械と人間の良い関係が作って行けるとよいですね。
[ 2012/09/10 22:24 ] [ 編集 ]
作業だけで言えば…
集中線、
松本零士の戦争漫画の太陽が浮かびますね。

某アニメ製作も
デジタルに否定的でしたな。

正直、ついて行けん

話ズレますが
職場で最新工作機械入る度、研修しますが、
訳わからん。
しかも、使用ソフトが
〔ウィンドウズ7〕
XPから、いきなり…
エクセルなんぞ、
(↑これこそ〔ラジオライフ〕調に゛デジタル狂のためのツール゛)

仕事側では、
今のデジタルは、
イヤな機材だ
[ 2012/09/11 19:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
御訪問ありがとうございます。
pixiv
今までの作品はコチラ
Twitter
メールフォーム
カワズへの直接の連絡はこちら。  お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。