2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【消しゴムはんこ:メイキング】~消しゴムを彫る 前編~

どうも。今日の記事は写真が多く撮影に手間取った結果、更新が遅くなってしまいました。
また、画像の量が多いため、表示が遅くなる可能性がある事をご了承ください。
さて、今日のメイキングは、実際に消しゴムを彫って行きます

消しゴムはんこのメインと言える作業ですね。

また、メインといえる作業だけあって、彫り方は人によって千差万別です。

例を挙げますと、カワズは比較的深めに彫りますが、中にはあまり深く彫らない方もいらっしゃいます。

人によって彫り安い彫り方、彫りにくい彫り方がありますので、今回の記事は参考程度にご覧ください。


なお、「前回よりも詳しく」という事を考えて記事を練ったところ、普段の記事4日分くらいの長さになってしまいました。

あまりにも長すぎるため、誠に勝手ではありますが、「消しゴムを彫る」を前後編に分けさせていただきます

ご了承ください。


前編の今日は、余白を落とす前までの作業をまとめました。

それではごらんください。
【消し判メイキング記事】~消しゴムを彫る 前編~


前回の記事はこちら→~転写~


手順は以下の通りになります。

①線の周り、内側を彫る

②外側の余白を落とす

③シャーペンでハイライトを入れる


前編の今日は①について作業を見ていきたいと思います。

では、順を追って説明していきます。

DSCN7215.jpg


①線の周り、内側を彫る

DSCN7216.jpg
DSCN7218.jpg


線の周りを、土台が太くなるように刃を斜めに入れて彫っていきます

土台が太くなるように」と説明しても、ほとんどの方は分からないと思いますので、断面図を描いてみました。

こちらの画像をご覧ください↓

彫り方


黄色い棒に黒く細い物が付いている物をデザインナイフと思ってください。

彫り方としてベストなのは、左側の彫り方です

断面図を見ると、「土台が太くなるように」という意味がわかっていただけると思います。

反対に、右側のような彫り方では、土台が細いため脆くなってしまいます

必ず左側のような彫り方で作業をしてください。


では、次に髪のようにギザギザした場所の彫り方です。

ここは1度に彫るのは無理ですので、最初に頭頂部の方の丸い場所を彫ります

DSCN7219.jpg
DSCN7222.jpg
DSCN7223.jpg


次に、刃をやや深めに入れて前髪を彫ります。

あまり深く入れすぎますと、余計な場所まで彫ってしまいますので、深さはほどほどに。

DSCN7225.jpg


彫り終わるとこのようになります。

入り組んだ場所は、1度周りを彫った後に細部を彫っていく事で、失敗が少なく綺麗に彫る事が出来ます。

DSCN7227.jpg


反対に、ナイフのように細かい場所は刃先を使って浅く彫ります。

DSCN7228.jpg
DSCN7230.jpg


基本的に、刃先を使うと細かく繊細に根元まで使うと大きい場所を彫る事が出来ます。

広い場所は深く、細かい場所は浅く、という事を気を付けて彫りましょう。


エプロンも髪と同様に、最初に周りを彫り・・・

DSCN7231.jpg
DSCN7233.jpg
DSCN7234.jpg
DSCN7236.jpg


後で内側を深く彫ります。

DSCN7237.jpg
DSCN7238.jpg


カワズは内側をごっそり落とすように彫りますが、この部分は表面だけを削るように浅く彫る方もいます。

ようはこの部分にインクが付かないようになればいいため、深く彫るのが難しいようであれば無理に彫る必要はありません。



以上の方法を使い、全体を彫ります。

全体を彫るとこんな感じになります。

DSCN7239.jpg



明日は周りの余白(青いところ)を落としていきます。

実は、余白を落とす作業が、最も失敗しやすい工程だったり・・・

それでは、明日の記事をお楽しみに。
blogram投票ボタン人気ブログランキングへ


追記はコメント返しです
<Jrさん>
そうですね。何事も準備が大切という事です。
一応、ここをいい加減に済ましても彫る事は出来ますが、半ばアドリブで彫るような状態になってしまいます。
関連記事
[ 2011/11/13 22:35 ] 同人関係 | TB(0) | CM(2)
美術や技術の授業が一番苦手だった俺にはレベルが高すぎるw

俺は昔から細かい作業が苦手なのですよ‥‥
[ 2011/11/13 23:13 ] [ 編集 ]
No title
この辺の作業の詳細は始めて知りました。
基本的に彫刻刀の「切り出し刀(って名前だった気がする)」と同じということで。
同じデザインナイフでも、用途によって使い方が全く違うのですね。
なかなか勉強になりました。まあまだ続くようですが。
[ 2011/11/14 19:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
御訪問ありがとうございます。
pixiv
今までの作品はコチラ
Twitter
メールフォーム
カワズへの直接の連絡はこちら。  お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。