2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【遂に】PS4/vitaで東方【参戦】

どうも。最近妙に背中を痛めることが多いカワズです。
追い込みとして、毎日猫背で消しゴムを彫っているからですかねぇ…
さて、突然ですが、まずはこちらをご覧ください↓



ZUNxPlayStationプロジェクト発表。『東方』の同人ゲームをPS4やPS Vitaで販売

まさかのPS4/vitaに東方参戦!


この手の話題はガセが多いですが、これは公式アカウントのため、ほぼ確定のようです。

(それにしても画像のさとり様かわいい)


据え置きゲーム機で同人ゲームに違和感があるかもしれませんが、実はPS4ではすでにインディーズゲームの参入が始まっており、そこに仲間入りという形ととらえることができます。

(インディーズゲームと同人ゲームの同一視はよく議論になりますが、ここでは同一とします)

PSは元々ライトユーザーではなくコアユーザーに向けたラインナップが多かったため、ライトユーザーをメイン層とする任天堂との差別化と見ることもできます。


ここで気になるのが、「東方創作ゲーム」という書き方。

原作はもちろんですが、このような書き方をするということは、東方の二次創作ゲームもプレイできるようになる、ということでしょうか?

おそらくPSstoreのシステムを使うと思われますが、東方関連のゲームがダウンロードできるようになるのは、なかなか便利そうですね。

ハードメーカー公認でダウンロード販売をするということは、動作について保障されているも同然なわけで、動作環境の確認や、ゲームパッド等プレイ環境の整備をする必要もありません。

「東方ス○イアリーナ」とか、高スペック、パッド必須のようなゲームも増えているわけですし。

PSのコントローラーをPCゲームパッドとして使用する方も多いわけですし、特に問題なく移植できそうです。


東方原作のダウンロード販売も始まるようですし、同人ゲーム自体がイベントやショップ以外に進出する動きが活発になっているようですね。


なお、現状では既存の二次創作ゲーム中、「出来がいい同人ゲームをパブリッシャー企業が商業化」という形を取るようです。

東方原作自体はすぐに登場するわけではないのでご注意を。



blogram投票ボタン人気ブログランキングへこのエントリーをはてなブックマークに追加

追記はコメント返しです。
<Jr.さん>
言われてみれば、外装の着せ替えは非ライセンスでも出る可能性がありますね。
それこそ、外装目的ではなく追加アタッチメントのようなゴテゴテしたものや機能に富んだものも…
カワズとしてはLLの方でほぼ固まってましたが、ちょっと考え直してみようかと思います。
関連記事
[ 2014/09/01 23:07 ] 日記 | TB(0) | CM(1)
おお、結構大きいニュースですね。
でも「東方創作ゲーム」のニュアンスとして、原作はほぼ含まれていないと思いますよ。
昨今インディーズゲームが世界規模でブームになっており、日本でも少し遅れて流行り始めたと言われています。
東方の二次創作でも、それこそスカイアリーナや不思議の幻想郷などアマチュアとしては非常に高度なゲームが作られていますから、神主としてはそれらをより広い世界に送り出す許可をくれたいう認識のほうが近いのではないでしょうか。
神主ものちのち出すかもしれませんね。でもそれは、DL販売と同じで海外のファンのために、って部分が大きいと思います。
[ 2014/09/02 01:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
御訪問ありがとうございます。
pixiv
今までの作品はコチラ
Twitter
メールフォーム
カワズへの直接の連絡はこちら。  お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。