2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【スープが】恐怖の殺人割り箸【濁る】

どうも。ここのところの猛暑続きですっかりダウンしていたカワズです。
…家のクーラーなんか24時間フル稼働だったり。
さて、突然ですがみなさんは中国製品についてどのような印象を持っていますか?

人によっては「有害」。

人によっては「安価だけど粗悪」。

人によっては「優秀な製品製造委託先」。

様々な見方がありますね。


その中でも共通してるのは「安い」ということ。

その分リスクは付きまとうようで、毎年何かしら問題をおこします。


そして、本日またもや問題が起きてネット上の一部で物議を醸しています。


かねてから、中国産の食材は危険視されてきたが、それ以上に危険なのは中国産の割り箸だという。

「上海のレストランで食事をしていた一般客が、割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く間に濁ったことから発覚しました。報告を受けた当局が調査のために割り箸を水槽に入れたら、元気に泳いでいた金魚が、ぷっかり浮かんできたそうです」(通信社中国特派員)

水槽に入れたら金魚が死んだ…中国産猛毒割り箸の恐怖




割とシャレにならない話です。

内容としては「割り箸に有害な防カビ剤や漂白剤が大量に使われ、ほとんど洗浄されずに出荷されている」というもの。

そのような割り箸を実際に水槽に入れたところ金魚が死ぬほどの毒性があったということです。

「割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く間に濁った」という時点で尋常ではない量ということがはっきり分かります。


今回の件は中国国内で起こったことですが、国内ですらこのようなことが起こるということに恐怖しています。

また、元記事では「野菜や食肉といった食料品には、輸入時に検査がありますが、工業製品である割り箸はフリーパス。日本では、"殺人割り箸"が日常的に使用されている危機的状況と言えます」と書かれています。

昨今の使用期限切れ食肉問題もそうですが、本当に中国製品=有害という認識は間違いでないかもしれません。


最近はエコの観点からMY箸を使い割り箸の使用を控える風潮がありますが、自分の身を守るという意味でもMY箸を持ち歩いたほうがいいかもしれません。

無料でもらえる便利なものにはツケがある、ということでしょうか。
blogram投票ボタン人気ブログランキングへこのエントリーをはてなブックマークに追加

追記はコメント返しです。
<Jr.さん>
確かに同人イベントでも○十万をポンと出す人はよく見かけますね。
今回はさらに層が広いわけですから、Jr.さんのおっしゃる通り買う人は現れるでしょう。
造幣局品位検定刻印入りなため、貴金属としての価値もしっかりありますしね。
関連記事
[ 2014/08/06 23:46 ] 日記 | TB(0) | CM(1)
直接口に含む箸なのに、有害な薬品を使うことを躊躇しないんですね…
安さの為にと言うか、その辺の常識が抜けているまま出荷してしまうことは恐怖です。
でも、安ければ買ってしまうのが日本の社会ですからね。
もう少し、ものづくりに対して敬意(?)を払ってもいいと思います。安ければ何でもいいのか、使う人がどうなっても構わないのか…と。
まあ中国は今まさに発展まっ盛りで、そこまで気を使う余裕が無いのかもしれませんね。程度の差こそあれ日本にもそういう時期はありましたし。
あと何十年後かに、中国産の製品でも安全に使える日が来ると願いたいですね。
[ 2014/08/07 10:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
御訪問ありがとうございます。
pixiv
今までの作品はコチラ
Twitter
メールフォーム
カワズへの直接の連絡はこちら。  お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。