2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

進撃の巨人について思った事

どうも。最近何かと忙しく、パソコンをいじる時間もどんどん短くなっているカワズです。
今後は正月明けまで更新ペースがまちまちになるかもしれません。
さて、突然ですがみなさんは「進撃の巨人」という漫画をご存知でしょうか?


まぁ、アニメ化され大々的に宣伝され、ついに実写映画まで予定されているので知らないという方の方が少ないと思います。

少なくとも、当ブログをご覧の方々の中には。


念のためあらすじを説明すると、主人公のエレンが絶対強者と呼べる巨人という人類を脅かす生命体に挑むといった内容です。

ここまでなら普通の少年漫画にありそうですが、この漫画はとにかくグロテスクです。

死体を描くことで人の死を表現するのではなく、踏みつぶされたり、体半分を食いちぎられたり、握りつぶされたりと死の瞬間を描くことで表現をしています。

それこそ、実写化したら年齢制限がついてもおかしくないレベル。

さらに話の内容及び展開が非常に暗く、気軽に楽しめる娯楽作品ではありません。


そして、この「進撃の巨人」という作品について、ガンダムの監督である富野由悠季さんが、とあるコメントをしています。


下記記事より引用↓
『進撃の巨人』の表現が放置される日本のインテリジェンス


『ワンピース』が少年漫画としての制御の効いた、
万人が親しみやすい娯楽作品だとすると、
『進撃の巨人』は非常に私的な読みづらい漫画です。

僕は作者の諫山創さんをニュース番組で二度見ているのですが、
彼の話を聞いてすごく腑に落ちたんですよね。

こういう人だからああいう漫画を描いてる

んだって。


要するに、かつては意気地なしのいじめられっ子で、
その鬱憤を漫画を描くことで晴らしている。


『進撃の巨人』というのは

作者の気分がストレートに出ている漫画

なんですね。



この記事を読んで「あー、なるほど」と思わず声にしてしまいました。

進撃の巨人の主人公であるエレンは、悪く言えば非常に単細胞的な考えで行動します。

その考えの根底は「巨人を1匹残らず駆逐すること」

そして、その動機が仲間や家族を殺されたという理由なのですが、これらが憎しみとして強く表現されています。

富野さんの考えをストレートに用いて説明をするならば、いじめられっ子がいじめっ子に対して抱く感情と同じ。

そして話の内容は、いじめられっ子が大人になっていじめっ子に復讐するのと非常に似た展開です。

とあるこの漫画が好きな中学生のコメントに「どんな困難にも負けない主人公の姿に勇気がもらえる」というものがありましたが、その”勇気”が正しい意味の”勇気”なのか疑問に思います。


この進撃の巨人は中高生に絶大な支持を集めているようですが、ワンピースやドラゴンボールと言ったアクションマンガと同じ感覚で読んでいるとしたら…
blogram投票ボタン人気ブログランキングへこのエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
[ 2013/12/05 22:25 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
とらえ方も個人しだい‥とはいえ
確かに、
改めて考えなければ
ならない部分かもしれない。
が、…
色々なことが欧米化しつつ、しかも目立ってきた昨今、

やっぱ考えなくてはならないのかもしれんな。
(精神な面も)


ゲゲゲの鬼太郎の前進の
〔墓場の鬼太郎〕が
大人が読み出し、
評判になったように、
「意味がわかった上でなら」

共感できるものもあるが、
今の十代には、
難しいだろうな
(と言って、理解させられるか?と問われれば、無責任ですまないが、厳しいな
[ 2013/12/06 01:44 ] [ 編集 ]
私は進撃の巨人好きですし、単行本は全巻読みましたが、まあたしかにそういう捉え方も個人の考えとしてはありだと思います。

しかしこの記事は頂けないですね。
批判しているのだから当然と言えば当然ですが、これではまるで、進撃ファンがグロさだけを求めて、巨人が人類を殺戮するシーンを楽しんで読んでいる、人格破綻者のようではないですか。
少なくとも私は、巨人のシーンをそんな浅はかな目的では読んでいません。あれは、「巨人」という人類に与えられたあまりに過酷な脅威を表現した結果と言えます。
それだけの脅威を前にして、人類がどのような心持で立ち向かうかが、あの漫画の見どころなのではないかと思います。

確かに、グロ描写目的で読んでいる人もいますけどね。そういう人は批判されても致し方ないでしょう。
しかし、それを引き合いに出して、進撃その物を「評価に値しない」とするのはいかがなものかと。あまりに一面的すぎる判断かと思います。

富野監督がそういった辛口コメントをするのは今に始まった事ではないですが、例えばガンダムも好きだけど進撃も好きです、っていう私のような人がそれを読んで、どんな感情を抱くのかも考えてほしいものです。
[ 2013/12/06 19:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
御訪問ありがとうございます。
pixiv
今までの作品はコチラ
Twitter
メールフォーム
カワズへの直接の連絡はこちら。  お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。