2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ご存知ですか?】秋バテ

どうも。今日も日中は暑く、夜は寒いという気候です。
昼夜で寒暖が激しく服装が難しいですね。
さて、突然ですがみなさんは「秋バテ」というものをご存知ですか?

夏バテではありません。

秋バテです。


言ってしまえば夏バテの秋ver.のようなものです。


そもそも夏バテとは何かを説明しますと、夏場の気温の高さと冷房設備などによる気温の低さによる寒暖の差によって体内の自律神経に乱れが生じ、倦怠感、食欲不振、思考能力低下、発熱などの体調不良を引き起こすものです。

詳しい発生のメカニズムについては省略します。


よく「夏バテをすると痩せる」と言われますが、これは冷房設備が整っていなかった昔に猛暑による食欲不振、体力低下が起こる「夏やせ」という症状が主だったためです。

つまり近年になり冷房設備が整うにつれ症状が増えていったということです。


では、次に秋バテについて見てみましょう。

秋バテも原因は同じく、寒暖の差によって自律神経に乱れが生じるためです。

そして、その寒暖の差というものが、今の日中と夜間の気温の差のことです。

日中は夏場の外夜はクーラーの効いた部屋、と例えると分かりやすいでしょうか。


夏バテはそもそも夏場に起こりやすいため「夏」という文字が使われているだけであり、実は梅雨、初夏にも起こりやすい症状なんですね。

そして、夏場と同様に発症しやすいのが季節の変わり目の「秋」というわけです。


具体的な対策としては、水分を多くとる体を温めることです。

自律神経に乱れが生じるのは、何度も書いている通り寒暖の差です。

そのため、暖かいか寒いかのどちらかに体を合わせる必要があります。

理論上としては身体を冷やしても温めても対策にはなりますが、今後の気温の変化を考慮すると温めることが重要ということになります。

水分補給については夏バテにも同様の対策が取られるため省略。


また、原因の一つとして考えられているものに"ストレス"があります。

こちらもできる限り溜めこまないようにしましょう。

「病は気から」というようにストレスは溜めこむといろいろな病気へ発展する厄介なやつです。


9月の終わりは季節の変わり目ということもあり、何かと体調を崩しやすい時期です。

風邪だけでなく今日紹介した秋バテにもしっかりと目を向け、体長を崩さないようにしましょう。
blogram投票ボタン人気ブログランキングへこのエントリーをはてなブックマークに追加

追記はコメント返しです。
<Jr.さん>
だんご3兄弟は正確には電波ソングに分類はできません。
実は電波の定義として、一般に受け入れられにくい曲というものがありまして…
しかし、電波ソング自体は聞く人に強いインパクトを与えることを目的としているため、ある意味元々の作曲の意味に素直に従っている曲種でもあるわけです。
…こんなこと書くと音楽関係の様々な方向から猛烈なバッシングを食らいそうですけどね。
関連記事
[ 2013/09/20 21:56 ] 日記 | TB(0) | CM(1)
意識してなかったですけど、確かにそんな症状はありました。
夜中に体を冷やして翌朝トイレに籠ったりとか。
日中温かかったので薄着でいたら夕方トイレに籠ったりとか。

…半分以上自分に非がありますね。これ。
[ 2013/09/21 20:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
御訪問ありがとうございます。
pixiv
今までの作品はコチラ
Twitter
メールフォーム
カワズへの直接の連絡はこちら。  お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。