2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【今更】東方北陸祭第八弾【レポート】

どうも。同じ日本海側でも石川と新潟の気温は結構差があることを実感しているカワズです。
体感的なものかもしれませんが、新潟の方がとにかく寒い。
さて、今日は遅くなってしまいましたが東方北陸祭第八弾のレポートをしたいと思います。

今回はちょっと気になったことがありましたので、今日を前篇とし不満点について書きたいと思います。

他サークル様との楽しかったことは後日。

「楽しみは後で」ってヤツです(違





まず、今回の北陸祭ですがいろいろな意味で大変でした。

昨日と同じように羅列します。

・荷物の多いグッズサークルが多く、スペース内で身動きが取れない

・空調設備の近くなのか、妙に冷える

・↑の影響か腹痛に

以上です。





今回一番問題に感じたのは、サークルスペースの狭さです。

イベントに参加した方であればわかると思いますが、机以外のサークルスペースは割り当てられている机の面積の1.5~2倍程のスペースがあります。

大体これくらいの広さがあれば支障なく荷物が置けるわけです。

しかし、今回の北陸祭ではそのスペースが机と同じくらいの広さしかなく、後ろのサークルと隣接するような形になりました。

自分が椅子に座り、後ろも椅子に座ると人が通るのが困難になるくらいです。

また、カワズが配置されたのはグッズサークルのスペースであり、グッズサークルは荷物が多くなるためこの問題がさらに加速することに。

今回はスペース列の両端にくじ引きなどの荷物の多いサークルが配置されたのですが、そのサークルが段ボール箱に詰められたグッズをなんとか自スペース内に入れたところ、通路が封鎖されました。

さらに周りでも段ボール箱やキャリーバッグの収納に四苦八苦し、結果てきに本来スペースに2人が基本のところ1人が限界という状況に。

しかも、自由に出入りができないどころか、1度椅子に座ると立ち上がるのが困難という状況になってしまいました。

どれくらいの狭さかといいますと、スケブを取り出すことすら困難なくらいです。

さらにスペース内がこんな状況にも関わらず、反対にスペース外は自由に行動ができる程広々としていました。

本来スペース外が人が多くて狭くなりがちですが、今回は完全に逆でしたね。

とにかく狭い。この一言でした。


今回は会場が違うなどの問題もありましたが、荷物が多いサークルは常連のサークルだったため、運営の配置ミスではないかとカワズは思います。

北陸祭は壁配置がないイベントですが、強引にでも壁配置を作り荷物の多いサークルをそちらへ配置するなどの対策をすべきと思います。

「コスプレスペース」という名目で会場の3分の1くらいを開けていますが、そちらをもう少し詰める・・・とかねぇ・・・


空調設備に関してはカワズの運が悪かった。それだけ。


体調不良については、おそらくスペースの狭さが原因かと。

カワズは若干閉所恐怖症のようなところがあり、極度に狭いところが苦手です。

夜行バスに乗れないのもこれが理由です。



以上、今回の不満点でした。

・・・昨日に引き続き愚痴になってしまいましたが、それだけ悪条件だったということで。


他サークル様との絡みなど、楽しいこともたくさんあったのですが、この悪条件のせいで十分楽しめなかったな気もします。

次回以降は改善されているとよいのですが。
blogram投票ボタン人気ブログランキングへこのエントリーをはてなブックマークに追加

追記はコメント返しです。

<Jr.さn>
そうですね。全体的に運が悪かったのでしょう。
世の中には電車の中で子供を走り回らせ完全に子供を放置する親もいるようですが、そうでなかっただけマシなのでしょうか。
見ず知らずの人にマナーについて説教する気はありませんが、少しくらいは気にしてもいいと思います。
関連記事
[ 2013/02/12 22:10 ] 同人関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
御訪問ありがとうございます。
pixiv
今までの作品はコチラ
Twitter
メールフォーム
カワズへの直接の連絡はこちら。  お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。