2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【シイゼエボオイ・エンドゼエガアル】センター国語【恒例の魔物】

どうも。今日はセンター試験でしたね。
全国の受験生の皆さんお疲れ様です。
さて、冒頭で書いた通り今日はセンター試験です。

全国の受験戦争へ突撃する受験生という名の戦士の方々が様々なドラマを繰り広げたことでしょう。

・・・受験戦争という言葉自体が死語のような気がしますが、そこは置いときます。


センター試験と言えば、もはや言わずもがなの試験方法。

毎年受験生の狂喜乱舞、阿鼻叫喚な光景が見れます。

ちょっと誇張しましたが。


この試験、ほぼすべての大学で導入されるなど、大変由緒のある試験なのですが、なぜか毎年何かしらトラブルを出しているようでして・・・


有名なのは、リスニング問題のICレコーダーが届かない問題。

このせいで受験開始時刻が2時間遅れました。

受験開始時刻が遅れるというのは致命的な問題であり、ニュースで取り上げられることもありました。


しかし、実はこのセンター試験、試験進行には影響がないものの、ネット上では話題になる問題が毎年現れます。

これは特に国語に多く、有名なのは2011年の「ゴ・メ・ン・ナ・サ・イ・ネ」など、何故この小説を採用したのかわからないということです。

国語は何故か毎年話題になる教科でして、一部では「恒例の魔物」とも呼ばれます。


そんな恒例の魔物国語ですが、今年もやかしたようで・・・






詳細はニュースサイトで確認してください。


簡単に説明しますと、国語の小説の中に突然、


「シイゼエボオイ・エンドゼエガアル」
「スピンアトップ・スピンアトップ・スピンスピンスピンーーーー回れよ独楽よ」

「フエーヤー?フエーヤー・・・・・・チョッ!」
「ヘーヤーヘブン。」



という文章が登場しました。


国語の問題なのに突如英語が出現。

しかも、すべてカタカナで書かれているためかなり読みにくいという・・・

確かに大学入試の統一試験なので問題は難解なものを選ぶべきとは思うのですが、いきなりのカタカナ連発はかなりのインパクトがありますねぇ・・・

はたして何人の受験生がこの文章で「えっ」となったのでしょう。
blogram投票ボタン人気ブログランキングへこのエントリーをはてなブックマークに追加

追記はコメント返しです。
<Jr.さん>
まぁ、なんとか乗り切れましたよ。
一応参加者全員にわかるようなネタをチョイスしましたし。
ただ、今回はカラオケに行くのであれば予め収録曲を入念にチェックしないといけないということが分かりましたね・・・
前回行ったときはあったのに、別店舗ではなかったというパターンだったので。
関連記事
[ 2013/01/19 20:47 ] 日記 | TB(0) | CM(1)
ここまで来ると逆に「日本語でおk」の世界になってきますよね。

過去の模試で評論に「涼宮ハルヒ」や「ひぐらしのなく頃」にが例に取り上げられたことがあったそうですが、そっちが可愛く見えるレベルのカオスっぷりですな。

どうやら日本語で良いところを敢えて英語表記にしている文章は適度に平均点を下げられるので便利に扱われているようですが、ここまで来たら逆にアルファベット表記にしてほしいですね……
[ 2013/01/20 22:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
御訪問ありがとうございます。
pixiv
今までの作品はコチラ
Twitter
メールフォーム
カワズへの直接の連絡はこちら。  お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。