2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デュエマ記事再開

どうも。今日は天気が良かったためか、花粉が多い1日だったようです。
・・・おかげで顔の皮膚の調子が悪いカワズです。
本日のコメント返しです。

<ナリさん>
アクセス解析は、サービスを行っているサイトに登録をして、そこのタグを検索したいページに張り付ければOKです。
文章だけでは説明が難しいので、1度サイトを見に行くことをお勧めします。

<Jrさん>
ザールベルグは不動の人気ですからねぇ・・・
今度再考察をしようと思います。

<海蒼天空さん>
「ザールベルグ」でググると9番目に出てきます(笑)
東方関連が多いのは嬉しいですが、ここまで珍検索だと複雑は感じです・・・
さて、今日は久しぶりにデュエマの話をしたいと思います。

なんだかんだで憎きサイキッククリーチャーを生み出した「覚醒編」が、この前ようやく終了しました。
・両面カード
・デッキ外から呼び出す
などの点から、未だにカワズはサイキックに馴れてません。

では、この「覚醒編」を振り返ってみましょう。
「超次元ゾーン」を新設してまで投入されたサイキックですが、確かにシステム的にややマンネリ感のある新要素状態を打開するには有効な手段でした。
しかし、少々オーバースペックなカードが多かったように思えます。
・アンタッチャブルパワード
・キングオブギャラクシー
・デビルディアボロスZ
などがオーバースペックの代表でしょう。


また、超次元呪文は全体的にコスト5前後でデザインされており、早期的にフィニッシャーが登場するのがザラになりました。
これにより、5,6ターンで決闘が終了という、環境の高速化も起こります。
最終的にはコントロールが結果を残しますが、全体的にビートダウンに傾きましたね。

上記の事があり、新規参入も増えた代わりに、引退者も続出。
サイキック登場によりデッキ構築に幅が広がった代わりに、ルールの複雑化。
良くも悪くも、このデュエルマスターズというカードゲームに多大な影響を与えたシリーズと言えるでしょう。



なお、覚醒編が終了したため、休止中だったデュエマ関連の記事も再開しようかと思います。
ですが、1週間のうち大半がその記事で占められるという事はないようにします。
そうなってしまうと、このブログの根本が分からなくなってしまうので。
1週間に1記事以下を目安に更新したいと思います。
blogram投票ボタン

Q.そういえば、覚醒編始まって、ピタッと更新止まったもんな

A.久しぶりに最後まで受け入れられないシステムの登場でしたからね
スポンサーサイト

まったく、最近の若者はこれだから←お前もだろ

どうも。寒さのせいで花粉が少ないのか、顔の症状が治まりつつあるカワズです。
よし、このペースで4月まで持ちこたえてくれ・・・
本日のコメント返しです。

<海蒼天空さん>
体当たり一発で死亡ですか・・・
嫌なフラグ立てないでくださいよ。

<海老蟹ジュースさん>
本当に・・・辛いです・・・
さて、当日までに心の準備をしておかなければ・・・

<Jrさん>
足して2で割る発想はどこからくるのやら・・・
とりあえず飲みこまれておしまいな予感がします。
さて、この前久しぶりにデュエマの公式ホームページを見てきました。
なんだかんだで2ヵ月程見てなかったので。

お目当ては「デッキ開発部」というデッキ紹介のページですね。
隠居状態ですが、一応最近のカードを知っておいた方が復帰時に取り残されませんからね。


で、早速みてきたのですが、その中に気になるタイトルが。

ルールとマナーを守って楽しくデュエルしよう!


遊戯王の場合、アニメの次回予告に同じような文章が出ますが、これで1記事になっていることに凄い嫌な予感がします・・・

で、早速見てみたのですが、

案の定嫌な予感が的中


どうやら、前にされて嫌だった事をアンケートで集めていたようで、その集計記事でした。

で、その集計結果多くの意見が寄せられた事が

相手のカードを勝手に触る

暴言を吐く

ずるをする



・・・待て。
確かにこれらの事はされて嫌なことであり、しないのがマナー。
その事を記事にしてプレイヤーに伝える事は決して間違ってはいないです。

ただ、ここで気になるのが、わざわざ取り上げられるという事はそれだけマナーの悪いプレイヤーが増えているという事なのでしょうかねぇ・・・


ちなみに、ガタケットのカタログのマニュアルにも
「人のジャンルを無闇にけなさないで下さい。コスプレも同様です。」
という1文が書かれてますが、これもマナーの範囲では?と思っています。

ちなみに、106のマニュアルのマンガには
「つかその内"マニュアルに書いてないからやっていいんだ"的なイタイキジュンができたらどーすんだ」
というセリフがあります。

うーむ・・・
マナーが乱れてくると勝手にこういう基準が出来上がるのでしょうか・・・
なんとも嘆かわしい事です。


そういう意味では今回の公式の記事は評価できますね。
多くのプレイヤーの目にとまるところにマナーについて書き、それを伝えるという事です。
問題なのはプレイヤーのモラルが欠けていることかと。

確かにデュエルに負けるのは嫌ですが、

もっと大人になってもいいのでは?
blogram投票ボタン

Q.ところで、そういう事された事ある?

A.勝手カードを触れて折られた経験があります。

カードゲーム2日目

どうも。MHP3rdばかりやっていて原稿が進まないカワズです。
〆切大晦日なんだけどなぁ・・・
本日のコメント返しです。

<Jrさん>
インドラ、アゴン、ファラオの組み合わせは本当に強いですもんね。
その対策というと・・・PG?

<ナリさん>
確かにゴッド故の弱点はありますね。
コスト5以上のクリを素早くそろえるのは簡単ではないです。
さて、昨日に引き続き今日もデュエマの話題です。
カードゲームに興味がない方、もう少しだけお付き合いください。

ナリさんに5元神の課題を指摘されました。
1.どうやって早くリンクするか
2.ビートや速攻にどう対象するか
以上2点です。

これらはゴッドデッキならまずぶつかる問題点です。
比較的高コストの決められたクリを2体並べるというのは、結構難しいですよね。


というわけで、これらの課題クリアに使えそうなカードを考察してみました。

スペース・クロウラー
5元神は4色で構成されるパターンが多いので、高確率で欲しいゴッドを呼べます。
パワー3000のブロッカーで時間稼ぎができる点も○

破壊と誕生の神殿
相手破壊&リクルートを同時にこなすカードです。
ビート対策にもなりますし、欲しいゴッドをリクルートしましょう

ミラクルとミステリーの扉
かなり極端な構成にはなりますが、早期にゴッドを並べる可能性を秘めています。
S・トリガーなのでビートにも耐性があります。

憎悪と怒りの獄門
速攻対策です
幸い5元神にはファラオというアンタッチャブルがいるので、Sトリガーも怖くないです。

ローズ・キャッスル
低コストサイキックは覚醒前のパワーが1000のものが多いのでそれらの対策になるかと
速攻対策としても優秀ですね

各種マナブーストカード(フェアリー・ライフ、青銅の鎧等)
すぐにゴッドを出せる体制を整えます

各種ハンデスカード(解体人形ジェニー、ヤミノカムスター等)
時間稼ぎ用です
特にピーピングハンデスで相手のキーカードを落とす事を重視したほうがよいでしょう


5元神は簡単に言ってしまえば揃えば勝ちなので、特に時間稼ぎが有効かと思います。
では、以下3つのデッキ案を。

1.ブースト型
マナブーストにより早期に5元神を並べます。
目には目を、スピードにはスピードをという考えですね。
問題点は、いくらブーストしたところで速攻に勝るスピードは出ない事です。

2.コントロール型
ハンデス、除去を利用し、時間稼ぎを行うタイプです。
上手くコントロールができればインドラですぐに抑え込むことができますね。
問題点は、そもそもコントロールのフィニッシャーに5元神は適正なのか疑問なところです。

3.扉型
「ミラクルとミステリーの扉」を使用するかなり極端なタイプです。
5元神の各パーツ+スペルデルフィン等の高コストシステムクリ以外クリを搭載しない構成になるかと。
実力は未知数ですが、事故率もかなり高いデッキに仕上がりそうですね・・・

久しぶりにカードの事でも

どうも。現在風邪気味なカワズです。
部屋が暑いからって半袖で過ごしていたのが原因と思われます。
本日のコメント返しです。

<Jrさん>
まぁ「いいとこ取り」というわけでもないんですけどね。
ただ、最近の若者を動向を見ていると「起源を知っているのか?」と聞きたくなります。

<ナリさん>
実際にはどんな記念日でも、当の本人に関係なければどうでもよくなりますよね。
カワズはずっと部屋にいるパターンが多いのでどうでもいい以前に関係ないです!


<海蒼天空さん>
キリストの降誕(を祝う)日
()内が抜けてました、すみません。
確かに飾り付け等の習慣は太陽神崇拝などに由来しておりキリスト教に関係ありません。
ただ、サンタクロースの起源はニコラウスの伝説であり、ニコラウスはキリスト教の聖師父のため、全く関係がないわけではないですよ。
さて、久しぶりにデュエマについて書こうかと。

この前のフラゲ気味に発表された新殿堂ですが、前にも書いたように超次元を伸ばし、他のデッキを抑制するような内容でした。
そのため、今後環境は超次元一色に染まるのではないか?という事を書いたと思います。


ただ、超次元否定派としては黙っていられないのが現実。
なので、非超次元デッキで突き進もうと思うわけです。

超次元対策に必要なのは次の項目
・覚醒前に除去する
・超次元呪文を唱えさせない
・覚醒しても複数回の除去で速やかに退ける
・サイキックにパワー負けしないカードで応戦


で、これらを総合したところ1つのカテゴリにたどり着きました。
5元神です。

中でもアゴン、インドラ、ファラオの組み合わせが最強と言われてますが、超次元対策に有効なのではないかと思います(カワズ脳内)

まず上3つはインドラの効果でクリ破壊&ランデスを繰り返していれば満たせると思います。
覚醒してもすぐに解除し除去。
マナが無くなれば呪文も使えません。

さらに3体リンクが条件ですが、パワーも14000となり、攻撃時には18000まで上昇します。
攻撃時の除去効果と合わせれば十分パワー負けしないでしょう。
アンタッチャブル&疑似モヤシ付きなのでかなりしぶといのも魅力。

まだまだ構想段階ではありますが、上手く使って超次元を見返してやろうと思います。

新殿堂ルール発表

どうも。朝からずっと手が冷えっぱなしのカワズです。
別に冷え症とかそういうのは無いはずなのに・・・
本日のコメント返しです。

<Jrさん>
そうですね、猫車はやめた方が無難ですよね・・・
でもそう言われるとやりたくなるのがカワズ。
うん、やろうかな(待て
さて、新殿堂ルールが発表されましたね。
久しぶりにデュエマの記事書く気がします。


では今回発表された新殿堂です。
なお、相変わらず解除はないので、すべて追加カードです。

プレミアム殿堂
【アクアン】
【サイバー・ブレイン】


殿堂
【光牙忍ハヤブサマル】
【龍神ヘヴィ】
【魔光蟲ヴィルジニア卿】
【威牙の幻ハンゾウ】
【邪神M・ロマノフ】
【ラッキー・ダーツ】
【転生プログラム】
【ハイドロ・ハリケーン】


以下カワズなりの考察という名目の愚痴がはじまります。
愚痴を聞きたくない方はまわれ右でお願いします。































大丈夫ですね?
避難はすみましたよね?


では、カワズなりの考えを。







どんだけ超次元売り込みたいんだ!!

すみません、取り乱しました。
でも、実際現環境でトップにいるデッキを狙い撃ちにしたかのような規制ですよね・・・
正直影響受けなかったのが超次元関係くらいです。(超次元コントロールと超次元ダーツは影響受けましたが)

超次元も面白いギミックだとは思います。
ただ、あまりにも環境を支配しすぎだとは思いませんか?

今まで新ギミックが登場しても環境支配につながる事はあまりありませんでした。
支配されることもありましたが、古参デッキでも生き残ることができた環境です。

しかし、超次元はチャクラを筆頭に環境を支配、さらにディアボロスZという恐るべき支配能力を持ったサイキックの登場によりあっという間に環境が支配されます。

そして超次元の特徴として必ず超次元ゾーンに戻るというのがあり、このルールのせいで蘇るのが簡単になり、結果として対策が極めて難しいものとなっています。

過去にスパイラルゲートが殿堂入りし、意表を突かれた方も大勢おられると思いますが、これは超次元のためだと考えられます。
しかし、現在では対策が難しいため、逆に必要になるケースが増えているのが事実。
はっきり言うとスパイラルゲートの殿堂解除ぐらいでようやく超次元の勢いは落ちると思います。

今後環境は超次元一色になりそうな予感がします。
超次元否定派のカワズには辛いな・・・

FC2カウンター
御訪問ありがとうございます。
pixiv
今までの作品はコチラ
Twitter
メールフォーム
カワズへの直接の連絡はこちら。  お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。